引っ越し費用が一番安い業者はどこ?

  • コメントはまだありません

引っ越しする場合に気になるのはやはり費用がけっこう掛かるということだと思います。
今回は、私が何度か転居をした中で分かった、費用を抑えるためにすべきことをお伝えしたいと思います。

まず最初に知っておいてもらいたいことは、費用は引っ越す時期によって大きく変わるということです。
需要と供給を考えれば理解できると思いますが、やはり多くの人が移動する時期に引っ越すと、費用というのは高くなります。

逆に引っ越す人が少ない時期だと、引っ越し業者側も多少安い料金でも、稼働を上げたいという心理が働くために、費用も低い傾向があります。
引っ越す時期については、コントロールできないケースもけっこうあると思いますので、その場合は次の方法をとりましょう。

それは、複数の引っ越し業者から見積もりを出してもらうことです。
費用というのは、基本的に距離と荷物の量で決まりますが、実は会社によって見積もりの値段がけっこう違うんです。

私が以前に経験したケースでは、複数の見積もりの依頼をしていたのですが、一番早く見積もりを出してきた、安い引っ越し業者に決めてしまいました。
それで、他に断りの電話を入れた所、「もっと安くできたのに」と言われたんです。

自分が想像していた相場より、実際には安かったということですね。
やはりその辺は、見積もりを比較してみないと分からないので、複数の見積もりを比較して、一番安い会社にお願いするのが、賢い方法だと思います。
見積もりについては、こちらのサイトが参考になると思います。

参考:一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます。

引っ越し見積もりが一番安い業者はアリさん

私の場合は家賃の関係で、マンションの更新前にどうしても引っ越す必要がありました。
転居先がなかなか見つからず、マンションの更新を間近に控えたところで転居先が見つかったので、今度は引っ越し業者を安価で見つけなくてはいけなくなり、一斉見積もりをして、一番安い業者にお願いをしました。
お願いしたのは、アリさんです。

見積もり金額は4万円で、他社は15万以上でしたので、もの凄く安い見積もりで驚きました。
加えて家族で住んでいた家からの引っ越しとなり、二段ベッドや学習机が二つあり、粗大ゴミも多くあったので、粗大ゴミの回収もお願いしましたが、プラス1万5千円で請け負ってくれたので、粗大ゴミ回収業者にお願いするよりも安く済みました。

良かった点としては、一番安く済ませてくれたことと、急な予定にも関わらず、対応が迅速で予定通り引っ越しを完了させることが出来たことです。

悪かった点としては、あまりに安い為か、作業員を減らしたせいで、思いのほか運び出すまでに時間が掛かってしまい、4時間程で終わる予定が8時間近く掛かってしまったことです。
急いで運び出したこともあり、養生テープが貼られたまま帰ってしまい、自分で最終チェックをして全て剥がさなくてはいけなくなってしまいました。

天井付近に養生テープが貼られていたので、私の身長では外すことができず、引っ越しが完了していたので土台になるものがなく、剥がすのに手間取ってしまったので、最後まで片付けは行って欲しかった点です。

とにかく一番安い引っ越し業者は大丈夫?

転居しようと思った時、とにかく安い費用にしようと思って、どこが一番安い引っ越し業者か探すという人もいるかと思います。
ですが、それだけ何か悪い点があるから格安なのでは、と思っている人もいるかと思います。

実際には、低価格でやってくれる引っ越し業者というのは、安かろう悪かろうのサービスで、やってもらって後悔してしまうのかというと、そうとは言えないです。
なぜなら、低価格でやってくれる引っ越し業者も今では当たり前になっており、安く受けるから仕事が雑という事はないです。

確かにひと昔前は、どこか怪しいイメージがありました。
ですが、今はネットでいろんな引っ越し業者を探すのが当たり前になっており、競争が激しくなって低料金で作業をやってくれる会社も普通にたくさん出てきました。

なので、低価格だからというだけで敬遠しなくても良いです。
もちろん実際に安い引っ越し業者に頼む時は、その会社の評判を調べて、特に問題がない事を確認した上で頼む必要はあります。

そうすれば、低価格だから悪いという事はないというのがすぐに分かります。
なので、安かろう悪かろうのサービスと思う事はないです。

地元密着の一番安い引っ越し業者もおすすめ

引っ越しするときは、荷物を運ぶための作業以外にも、何かとコストがかさむものです。
転居先探しや入居資金などですでに費用がかかっているのに加え、新たな家電購入や粗大ごみの処分まであります。

状況によっては、ご近所への挨拶品といったものも用意しなければなりません。
ただでさえお金がかかるのですから、「引っ越し作業」というサービスの部分を、とにかく削りたいと考えるのは自然なことです。

多くの人は、一番安い引っ越し業者を探します。
最近ではインターネットで探したり、口コミを見たりすることができるので、少ない情報から決めなければならず、大変ということはあまりありません。

大量の私物を預けるわけですから、料金が安いだけでなく、信頼できる業者を選ぶことも大切です。
大手企業はネットワークが広く安心ですが、料金設定が比較的高めだったりもします。

一方、つい見逃してしまいがちですが「地元密着型で安い引っ越し業者」も検討の価値が高いものです。

どこに決めるかを判断するときは料金だけでなく、電話やメールの対応や、見積りに来てもらったときの担当者の態度なども参考にして判断すると良いでしょう。
悪質な会社にあたってしまうと、破損や紛失といったトラブルの可能性も発生します。

About Author