安い自動車保険で有名なイーデザイン損保が顧客満足度調査で評判!

  • コメントはまだありません

ユーザー満足度の話ですが。。
東京海上グループの損保会社であるイーデザイン損保が自動車保険のユーザー満足度調査で首位を独占しています。
満足度調査を実施しているのは、以下の3サイト。

  • オリコン
  • 価格.com
  • 楽天

いずれのサイトも、以前から自動車保険の満足度調査を行っているが、イーデザイン損保の評判、快進撃が止まらない。
上記3サイトの全てで総合満足度1位を獲得。
オリコンと価格.comについては、2年連続の1位獲得となっている。

東京海上グループという安心感のせいかと思いきや、実はそうではない。
オリコンの調査などでは、会社の信頼性を除く全ての項目でベスト3に入っている。
特に加入時の項目と事故対応に関する項目での高評価・評判が目立ち、イーデザイン損保の実力が想像できる。

保険料の安さが強調される通販型の自動車保険だが、一番保険料の安いSBI損保の評価がもうひとつなのを見ても、ユーザーは値段だけではなく、中身もきちんと吟味していると言えよう。通販型の自動車保険のシェアは5%強と小さいものの、年々割合が増えており、今後も注目が必要でしょう。

イーデザイン損保は、東京海上グループ傘下の企業で、通販型を取り扱っている損保会社です。
通販型の自動車保険は、従来の代理店型と比較して、保険料が安いのが特徴。
これは、代理店や販促に掛かる経費、店舗などの固定費が不要となる為、保険料を安く抑える事ができる為です。

その中でもイーデザイン損保は、オリコン、価格.com、楽天などで実施されている顧客満足度調査で、全て1位を獲得する等、高い評価を得ています。
口コミで評判が高い理由として、通販型の利点を生かした安い自動車保険料、東京海上グループのブランド、事故対応力などがあげられます。

保険設計は、前年度の走行距離に合わせた保険料を算出するリスク細分型。
走ったぶんだけ保険料を負担すれば良いので、あまり自動車を運転しない人には、特にメリットのある保険です。
また、通販型にも関わらず、事故対応に力を入れており、それが口コミで高い評価に繋がっています。

参考:イーデザイン損保 自動車保険は安い?口コミ・評判・見積もり!

安い自動車保険イーデザイン損保の事故対応の口コミ

イーデザイン損保と自動車保険を契約してから、事故を二度経験しました。
一度目は交差点での衝突事故。
二度目は追突事故です。

一度目の事故は夜21時ごろ、信号のある交差点を青信号で直進した際、赤信号であるはずの右側から車が接近し私の車右後方へ衝突しました。
相手側が赤信号であると確信がありましたが、警察の方にも夜間目撃者もいないことからお互いさまという事になるだろうと言われました。

事故直後からイーデザイン損保の事故対応担当者が交渉を担ってくれました。
初めは5対5という話で担当者に言われましたが、粘ったすえに4(私)対6(相手)ということになりました。
車に詳しい知人にもそれはおかしいと言われ、数年たった今でも納得のいかない面もあります。

インターネットの安い自動車保険ではなく、顔の見える営業所で契約した担当なら、もっと親身に対応してくれたのではないかと思いました。
結局、イーデザイン損保担当者に裁判になると言われ、引きずるよりはと妥協しました。
この経験から更新の際には別の自動車保険へ変更することも検討しましたが、6等級以下に下がったこともあり変更は見合わせました。

その数年後、二度目の事故を起こしました。
前方不注意での衝突事故で、完全に私が悪い事故でした。
今回もイーデザイン損保担当者に介入して頂きました。

経過の最中にちょっとした行き違いから、先方に不快な思いを与えてしまったことがありました。
その際にイーデザイン損保対応者は適切なアドバイスをしてくれ、結果、先方の思いも解消され早期に解決することができました。

担当者が違う事、衝突事故と追突事故の違いもあり、単純に事故の対応について比較することはできませんが、追突事故の際の担当者は対応も良く、印象の良い担当者でした。

二度の事故対応を通して、結局のところ事故対応担当者の力量次第のところもあると思いますが、現状、安い保険料と二度目の対応から継続していこうと思っています。

安い自動車保険イーデザイン損保のメリット・デメリット

自動車保険といっても、非常にさまざまなものが存在しています。
その中でも、費用の負担を減らすために、一番安い自動車保険を選ぶ方も多いと思います。

実はイーデザイン損保は、業界でも最安値となっていて、一番安いと言っても過言ではないと言えるでしょう。
しかし、メリットもあれば、デメリットも存在しています。

イーデザイン損保は、自動車保険としての価格も安い上に、支払い対応やサービスなどもよく、受取額などが大きくて特に事故対応がされています。
このように、総合的にも評価が高い会社となっていて、我が家でも実際にこちらに加入しています。

しかし、少々気になるのが、遠方で事故が起きた場合です。
その場合、宿泊や帰宅などの補助がでる会社が多いのですが、イーデザインの場合、情報提供というだけで、こういった負担については実費負担になってしまいます。

宿泊費用だったり、帰宅費用が数万単位で支払われる自動車保険もありますので、遠方に出かけることが多い方や、出張が多い方の場合には、別の損保を選んだほうが良いケースも多いで
す。
このように契約する際には、細かいところまで、確認をするようにしましょう。

About Author